20170524

V.D.A.2017 Rd1 in笠岡_#05

本日も快調に笠岡でパパラッチしてきたバイクの写真をupしてみるん。
---------------------------------------------
なんだか、軽快な感じのハーレーだなぁ...、スポーツかなぁ...、と思い近づいてみた。


最近こんな感じのハンドル...、スーパーバーっての?カウルを付けないなら、こんなのがイイなと思いつつ見てたらば...、


あッ!!!
ス、スポーツじゃない!!
エヴォダイナやん!!?!

好きよ、好き。
ワシ、こーゆーの大好きよ。
なんて思いつつ視姦からのオーナー様への声かけ。

話かけてみれば、スゴく良い人で、色々と聞いてみたらば、なんとまぁ自走での参戦でトランポ組のワシは恐縮しきり。


この国籍不明感ムンムンのフロントマスクも超お似合い。
どうやら、某車種の流用らしいのだけど、ココでワシが晒すのはお門違いも甚だしいので自粛。


こんな佇まいエェなぁ....。
---------------------------------------------
↑は、スタイルを完全に一新したダイナ画像を晒したワケですけど、ダイナ好きとしてはこーゆー感じ↓の純正ライクなスタイルも好きよ。


で、その純正ライクなスタイルのご近所さんにこんなド肝をヌく車両が....。


なななななんですかこの振り切ったカラーリングは....。
いや、カラーリングだけに留まらず、もう色々と突き抜けすぎててヤヴァい....。


迫力満点の過給器に...、気になる(!?)排気量は2400cc.....。
R/T+E/Tは6.450で終速187.99km/hですってよ...。


棲む世界が違う車両ですわな....。
はわぁ....。
余談ですけど、コレ乗ってた人はAGVのハイエンドモデル被ってたわ。


ちなみに、VDA的な当日の最速(午前中のタイムトライアルが対象だったと思う...)は↓


ベースは2008年の883.....、って言われてもねぇ...?
もう化け物(良い意味で)ですよ、ホント。
ただ、最速が4CAMエンジンってのは、同じ4CAMで参戦してる人間としては誇らしいよね。
まぁ、結果が伴ってないワシですけれども....。

真っ直ぐ走るコトに特化した....、言うなればバイクとして異形の進化をしたカタチってゾクゾクするわぁ。

やっぱり、ワシ的にはもカスタムショーより、こんなの見てる方がワクワクするし、ソレが走るんだからタマらんのよな。
もっとお客さん来ても良いと思うんだけど、こんなの見て楽しめるのって少数派なんかなぁ....?

見た楽しい、走って楽しいなんて、最高だと思うんだけどなぁ....。

20170523

V.D.A.2017 Rd1 in笠岡_#04

せっかく笠岡に行ってきたんだから、コソコソとパパラッチしてきたエントリーバイクの写真でもupしてみるん。
---------------------------------------------
まずはお隣に島を築いていたガレージノスタルジアさん。


正直、DragRaceを始める前は全然知らなんだお店なんだけど、最近ではその存在に畏怖すら抱いてしまうわ。


特に、店主さんのこのスポーツね。
最初に拝見した時は、もっと街乗りも出来るみたいな外観だった気がするんだけども、今や完全なDragオンリーな感じ(そうじゃ無かったらすいません)。


吸気周りのパイピングに小宇宙を感じるわ。
---------------------------------------------
で、そのお隣のフロンティアさんはソフテイルとスポーツ(1470cc)の2台でエントリー。


外観カスタムだけじゃなく、さりげなく1600cc化されてるのが恐ろしや。


で、スポーツも見た目は完全にショークオリティ!!


(アルミ外装の照り返しによる逆光が酷い画像や....)

コレで7秒切っちゃてるあたりがイカすんご。
そういえば、前は趣の違うスポーツだった気がすんだけど、モデルチェンジしたんかな?ソレとも別車両??
---------------------------------------------
そしてそのまたお隣のBEARDさん。



常に人がいたため、小心者のワシはあまりパパラッチ出来なかたんだけども、大勢のお客さんを引き連れて参加してたん。そしてそのほぼほぼの車両がFCRに追加燃料を打つシステムを採用してて、結果も残してたん。
店主さんに色々お話をうかがってみたらば、前日は岡山国際でブィブィ走ってたらしく、ホントバイクが好き、スポーツスターが好きな感じでしたん。

で、お店が「広島」って聞いて興味が出たので調べてみたらば、「廿日市市」やん!!!
ワシが多感な学生時代を過ごした廿日市...、楽々園...、ポプラ...、ボブキャット....、山陽女学園....、安田女子大学...。
淡い思い出が蘇るなぁ....。

今度お会いしたら、色々とお喋りさせて頂こうや...、ワシにそんな余裕があればだけれども......。

お店は広島でもましてや廿日市でもなくて、岡山県岡山市南区でございました。
お店のリンクまで貼ってんのにナニを間違ってんだか...。
インスタで店主さんやお店のお客様からご指摘頂いて修正した次第ですけど、いやはやお恥ずかしいとともに、失礼致しました.....<(_ _)>
170524 19時修正&加筆


....、なんて思いつつ、インスタで発見してしまったので、フォローしたらばこんな画像が...、



うぉッ!!
ラムエアやん!!!
しかも、富士走る宣言!!!!
確かに、ラムエアはその原理を考えたら、200mよりも400mン時の方が効果覿面だろうし、コレは興味深いなぁ...。

20170522

ガレージ補完計画_#02

先週末はお日柄も良く、絶好のバイク日和だったけど、ワシはガレージに籠もってDIYしてたよ。



ナニをDIYしてたかというと、棚作り。
まぁ、大したモノは持ってないし、そもそもそんなに広いガレージじゃないので、籠もる程の作業ではないのだけれども...。

ということで、before状態からの画像を....





うん、いつもながら画像少ないけど、定点からの画像であるコトに努力が垣間見れるでしょ?
撮るほどの作業でも無いしね。

というか、思ったよりヘルメットって場所取るのなぁ....。
まだ家ん中及び実家にも数個残ってるし....、なんならば、飾っておきたい部品も数個ほどあるのに...。



あとは、家ん中に隠し持ってる雑誌やら玩具(性的では無い)等々をレイアウトしたらひと段落やな。

20170519

V.D.A.2017 Rd1 in笠岡_#99

ワシが笠岡でダメダメだった原因に関する診断結果が出ました。

(ギア&チェーンがメカニカルでカッコ良い...、なんて言うてる場合ではない...。)


プライマリーカバーを開けてるって時点でお察しなんだけども....、


クラッチ焼けまくりです。
そりゃぁだだだだだ滑りの筈です
10年余ってこのバイク乗ってますけど、自らのバイクのクラッチ板なんて見るの初めて(恥)なので、新品と較べると一目瞭然。
あまりにも黒い....。


コレが笠岡でなったのか経年的になったのかはアレだけれども、そりゃ良いスタートが出来る筈も無く、自己ベストなんて出る筈も無かろぅて......。

まぁ、せっかく小さなメダルを頂いたんだけれども、「小さなコトからコツコツと」の精神で、弱点を改善して次回こそ自己ベスト更新を硬く誓うワケですけど、V.D.A.の第2戦富士に行ける筈も無く、次回は未定なのでやんす...。

20170517

V.D.A.2017 Rd1 in笠岡_#03

前回日記では、嬉しげにメダル画像をアップしたインスタ画像を晒したワケですけど、メダルを貰ったってコトは表彰式がありましてね。

表彰式ってのには、ギャルが付きものでして、ギャルは1位の両脇じゃなくて、1位の脇に2・3位がいてその脇にいるんですよね。
つまり、2位もしくは3位の方がギャルに近いというメリットがありまして...、

まか、つべこべ言うよりも、見て頂いた方が話早いので...、


うん、3位の副賞はオッパイを肘に触れさせてくれる権でした。
いや、ワシは動いてないし、触れようともしていないよ!!

小心者のワシがあんな皆が見ている前で痴漢行為なんで出来る筈ないでしょ!?
しかも、おっぱいタッチって一番ムラムラするだけのヤツやん?!


つまり...、うん...、まぁ...、でも...、アレだ。
Cクラス...、棚ボタ的3位....、おっぱいタッチ...、色んな意味でスッキリしない笠岡となったワケでしたん。

20170516

V.D.A.2017 Rd1 in笠岡_#02

タイム的には昨日更新した通りなんだけど、時系列的に綴ろぅわぃね。

事前のスケジュールでは、「午前:1回目の練習走行×2程度、1回目のタイムトライアル1本、2回目の練習走行×2程度、2回目のタイムトライアル1本」、「午後:タイムトライアル結果をABCクラスに割り振ったトーナメント」というものでした。

で、練習走行で徐々に空気圧を下げつつ、スタート時の回転も上げつつ、しかしタイムは縮まらずという苦しみの螺旋から抜け出せず....。

トラクションがかからないなら、せっかくの車高調整機能を備えたスイングアームを活用するしかない!!
車高を下げてみては!?!?と思って車高を下げたものの、スケジュールの都合で2回目の練習走行中止!!!!!

車高を下げるのが吉と出るか凶と出るか分からないけど、やらずに後悔するより、やって後悔するのがモットーのワシとしては、車高を下げるコトに。

で、車高を下げて望んだ2回目のタイムトライアルなんだけど、クラッチをミートした瞬間に、思いっきり回転が下がるような感触....。
今になって見返せばこの時が一番良いタイム...、といっても8秒台なんだけどね。

その回転が下がるような感触は、ナンバーステーがタイヤに接触して、物理的なブレーキになってるのでは?!との想定から、少しでもソレを軽減するために、リアサスのプリを1段上げることに。


そんなこんなをしてたら、タイムトライアルの結果からのトーナメントが割り振られたワケですけど、8秒台ですからね、もちろんCクラスですよ。
もうね、Cクラスに振り分けられた400番台(StreetFighterClass)なんて2人ですよ。
きっと、ワシ以外のその人もナニかしらを抱えてたに違いあるまぃてな。

が、悲しみにふけっていても仕方無い。
釈然としないスタートを切ってのトーナメント1戦目(対ショベル)は辛くも勝利。

2戦目は対戦相手のフライングゲット(多分普通に負けてた)。

3戦目はまさかの不戦勝。







...、そんなこんなでCクラストーナメント3位と相成りました。



過去最悪の走りにも関わらず、まさかのメダルゲット...。
ひょっとして....、
コレって....、幸運を呼ぶ悪魔の銀貨ヘアバンドの効果なのかしらん!??!


ホントに速い人に伝説を付加するだけじゃなくて、こんなワシにもメダルをゲットさせるなんて、対戦相手の方には悪いけど、悪魔の銀貨...、マジで恐るべし...。

20170515

V.D.A.2017 Rd1 in笠岡_#01

年に1回の私的重大イベントであるDragRaceが終わり、胸にポッカリと大きな穴が空いているワシですけど、今後のために防備録的にレポートするわぃね。

-----

VDAのオフィシャルサイトみれば、結果も公開されてるんで、包み隠さず晒しちゃいますけども、今回の結果はこんな有様↓。


「自己新!!!自己新!!」なんて言うてましたけど、自己新どころか軒並み8秒を着るコトすらままならないという...。

未だにレース慣れしていないワシとしては、1走目は何も考えず(考えても直前で忘れる)ズババと走るコトにしてて、2走目から色々と考えながら走るようにしてんだけど、逆にダメダメ。

スタート位置で見ててくれたGoodSpeed店主さん曰く「半クラ使ってのスタートは駄目じゃん」的な叱咤激励を受けつつも、ワシ的には半クラを使ってるつもりは無く...。

タイヤにパワーが食われてるのかと思い、スタート時の回転を上げるもタイムは縮まらず...。
トラクションがかかってないからとの診断から、車高を下げるも良い結果は出ず...。


もしかしてだけど...、もしかしてだけど...、的なコトが発覚。
まだ診断結果が出てないけど、バイク20年弱乗ってて、ソレに気づけない!?!?って事案。

そりゃ、ポッカリと穴も空くわな。
気分転換にポッカリ空いたケツマムコにパニスバンドでもブッ込んでもらおぅかしらん....。

20170512

ガレージ補完計画_#01

随分前にインスタでアップしちゃったから既にアレなんだけれども、ついにガレージのカスタムに着手したよ。

ワシのガレージはもともと、EEplanてトコのユーロ物置って既製品で壁面で成り立っているようなモンなので、なるべく壁面に穴は開けずに内壁を張りたかったんだけど、なかなか良い案も浮かばず...、

イナバガレージなんかだと、検索すると良い事例が山のように出てくるんだけど、舶来の製品を選んでしもうたので仕方無いわな....。悩んでも仕方無いので、ガツガツとビスで固定した結果、こんな風↓になりましてん。

(施工前。非常にトッ散らかってる....。) 

(柱&腰桁を施工。天井と壁の境にある短い横方向の部材が壁に穴を開けないための工夫だったものの...)

(崩壊が怖いので壁同士をアングル固定) 

(意外とちゃんと電気のスイッチも切り抜けたよ。)

うん、完成。
画像で見るとソレっぽい(?!)けど、実物は粗だらけ....。

ホントなら、ココをアーして、ソコはナニして....、なんて苦労話に画像を添えて綴りたかったんだけど、速攻で終わらせたかったので、思いついた時に撮った↑にあげた写真くらいしか撮ってないのねん。

でも、速攻で終わらせるために↓みたいな簡単な図面は書いて、無駄な材料調達が無いようには心がけたよ。



ただ、あくまで内壁を張っただけなので、ナニ1つ片付いてないんだけど、壁が木製になっただけでこんなにテンションが上がると思わなんだわ。

で、も一個テンションを上げるために、今まで色んな人のご好意等で入手でけた秘蔵のポスターをボム!!!!


この額縁の入手が思いの外手間取ってしまったから日記が遅れたんよね。

ムフフフフ.....。
客観的に見れば、全く共通項の無いポスターだけど、どちらもワシの超絶フェイバリット。
それにしても3.0×3.0mの空間にB1サイズ×2枚は圧巻だぜ!!

後は、「ヘルメットや玩具、細々した部品やらを並べたりする棚」や「豚に真珠的な工具ラック」なんかを増設したいトコやけど、ソレはまたの機会。内壁すら出来てりゃ早いモンだ....、と思いたい。

ん?天井はどーすんのかって!?!?
とりあえず雨漏りが怖いからナニもしないコトにしたよ。

こんな中途半端なのもワシ流で良かろうてな。

20170511

【続報】満恋次郎ヘルメット買ったってよ!!!

変に勿体ぶっちゃったけど、買ったのはK-3sv。


こんなコト言うとアレだけれども、中華製のヘルメットに5万超は出せないぜ!!!!

「ん!?AGVってイタリアじゃねぇの???」って声もあるとは思うのだけど、AGVで売られてる内、伊太利亜製なのは10万超のモデルのみらしく、底辺グレードは中華製らしいのね。

そりゃ、本国製も気になるので、ヤフオクに出てた最高級グレード(PISTA GP CARBON 定価172,800円)も密かに狙ってたけど、結局8万弱になってたしね。

まぁ、中華製ヘルメットのクオリティは推して知るべしって聞くけど、motoGPに供給しているメーカーの品質管理を...、信じるとするよ、ぅん...。
ネットの評判もあんまり良くないけど....、賞味期限を大幅に超過した経年劣化著しいワイバーンよりもマシだと...。

なんだか、店舗で被った時よりもお部屋で被ると大きい気がするけど、ソレも気のせい。
きっと、屋外で被ると気にならない....、はずだ!!!

そんなコトを言い聞かせながらステッカーをペタペタと....。

(やや控えめでござる)

そんなこんなで、週末の準備もしちゃったり。


残すはゼッケン貼りだと思ってるんだけど、久々なモンでナニか忘れてないか心配...。

20170510

【朗報】満恋次郎ヘルメット買ったってよ!!!

悩みに悩みぬいても買う時は閃きと勢い。

そう、タイトル通りヘルメット買ったった。

まぁ、GW前半にインスタグラムに挙げたダイネーゼ訪問画像で分かる人にはバレバレなんだけども、購入したのはAGVのヘルメット。

満恋次郎さん(@xl1200ss)がシェアした投稿 -

たまたま鳴スカで見たK-3のシュッとしたフロントビュー(リンク先画像の左端にほぼほぼ見切れるカタチで映ってる黒い塊がソレなんだけどね。)ビビとキたけど、なんか後頭部が今風じゃねぇもんで迷ってたらば、K-3svってのが出ててね。
で、このK-3svってのはsvの名前が示す通りサンバイザー装備なんだけど、別にソレは問題じゃなくて、後頭部がやや今風になってたり、フロントもよりシュシュシュッっとなてってて、コレはもう決定だと。

SHOEIだ、ARAIだ、BELLだ、Simpsonだ、OGKだと悩みに悩みぬいたけど、もう他に選択肢が無いもんね。
あと、周りにAGV使ってる人がいなかったってのもポイント高かってん。
一瞬、SHARKも考えたんだけど、考えた瞬間にインスタグラムでフォローしてるスポーツスターらしくないスポーツスターの人が購入してて却下したん。

まぁ、そんなワケで後は被れるか否か、もしくは被れても帽体が大き過ぎないか否か、ってのが焦点になってくるので、冒頭のダイネーゼ大阪店を訪問したワケなんですね。

結果として、アジアンフィットのXLならバッチリ被れて、サンバーザー装備の帽体もそんなに大き過ぎなくて一安心。

(撫肩&なんか変なポーズ)

ただ、被ってみて分かったのが....、「内装が硬い」。
AGVの底辺グレード(異論は認める。)だから仕方無いのかもしれんなぁ...、などと思いつつ店員さんにその旨を伝えると、『流石お客様お目が高い。実は、最近出たK-5sというモノがありましてね...(一部誇張アリ)。』なんという完璧なセールストークを引き出してしまう有様...。

知ってる知ってる。
K-3よりシュシュシュッとなってるK-3svの後頭部がより現代風になったK-5s。
ちゃんとチェックしてますよ。
ただ、K-3svよりも17,000円高価なので、選択肢から消去してたんだけど....。

ちなみに、シュッとかシュシュシュッ、後頭部が現代風とか書いてるけど、サッパリな人に分かりやすく比較画像を示すと以下の通り↓。

(一番右は絶対変えないけど参考までに...)

なんとなく「シュシュシュッ」とか「後頭部が現代風」ってのがお分かり頂けたかな?


で、話を本筋に戻すんだけれども、いざ被ってみたら、確かにシットリとした被り心地。
被り心地がシットリってのも変かもしれんけど、K-3svがザラザラしてたから、その肌触りが超気持ち良かったん。
内装の見た目もアルカンターラみたいで購入感漂ってたし....。

ただ、+17,000円...、包み隠さず言うならば、定価53,000円(艶消黒)てのはちょっとキツい(当初はもっと高いX-14を買うつもりだったのにね)....。

お店の在庫にK-3sv、K-5sのどちらもが無かったので、決断するコトもなくお店を後にしてたのですけど、暇を持て余していたGW中にポチったっのが先日届きましてん。

満恋次郎さん(@xl1200ss)がシェアした投稿 -

K-3sv、K-5、どちらを買ったのかは内緒だけど、夜な夜なステッカー貼りを楽しむとするわぃね。

20170509

雑記_170509

セッティングもソレなりになってきたトコロで、なんとなくVDAのサイトを覗いてみたらば、笠岡のエントリーリストが公開されてたん。

「えッ!?!?彼出ないの?!出るみたいなコト書いてたのにッ?!」とか「あ、所属チーム名が変わってる...。」とか、色々思うトコロはあるのだけど、やっぱり気になるのは自らが参戦するStreetFighterクラス。

エントリー数61台の内、18台(3割)だから最激戦クラスってワケだぁね。

で、驚くのがStreetFighterクラスにエントリーしてる18台の内、9台(半分)が4camエンジン(うち、排気量ストックは5台)。


18台の内、13台は参加実績があるので、その200mBESTを見たならば、最速は7.020でコレまた4camエンジン(1230cc)搭載車。

傍から見れば、コレはなかなかソソる戦いになりそうな予感だけど、ワシからすればプレッシャー以外のナニモノでモもナいワケで....。

ちなみに、各車のBEST平均は7.686だから、ワシのBESTである7.859では平均以下。
別に、クラスで何位になりたいなんて願望は無くて、過去の自分との戦いなんだぜ…、とは言いつつも、自己新を記録しなきゃお話にならないレベルである模様...。

まぁ、こんなコト言うても速くなるワケじゃないのは百も承知なんだけど、あーでも無い、コーでもないと考えてる時間も楽しいんだよね。

20170508

ラムエアセッティング!!!

2013/0609 富士    13.901 400m
2014/0316 笠岡      7.859 200m
2014/0504 セントラル 12.290 400m
2015/0823 笠岡      7.954 200m
2016/0626 笠岡      7.861 200m


斎藤和義featuringBoseの「いたいけな秋」の2:30あたりのラップ風に読み上げて欲しいんだけど、上記の記録は恥ずかしげもなく包み隠さず書いちゃった各年(手元に記録があるモノのみ)のワシのベスト(距離別,R/T+E.T)。



つまり、400mでは12.290、200mでは7.859)がベストってワケで、400mは結局2度しか走れてないからアレだけど、200mは2014年の記録を更新できずに今に至ってるんよね...。

まぁ、ベスト時から記録を縮めるためにそんなに大それたコトはしてないし、ここ最近は年1回の参戦だからレース慣れすることもなく、2012年にWestDrag(記録不明)に参戦して5年が過ぎてるんだぁね。

そろそろ本腰...、というか手を抜くほどのナニかは持ち合わせていないのだけど、出来る範囲の武器を揃えてみたん。


満恋次郎さん(@xl1200ss)がシェアした投稿 -

お値段は伏せる(調べりゃすぐ分かる)けれども、参戦費と合わせりゃソレなりの出費。
この出費を無駄にしないためにも、ソレなりの準備をせねばなるまぃというコトで、空燃比計を活用した似非ラムエアの実走セッティングを試みてみる。

ただ、前にも書いた(随分前だけれども...)けど、ワシが不器用故に空燃比計による計測結果をデータで取り出せない上、手持ちのビデオカメラ類では正確な計測値を撮影するコトが出来ないので、激安アクションカムでタコメーター&空燃比計のLEDでおおまかな値を計測したよ。(ホントならアクセル開度とかの方が良いのかもしんないけれども...、けれども...。)

どーゆーコトかとゆーと、激安アクションカム(販売終了)をこんな感じ↓で設置して...、


満恋次郎さん(@xl1200ss)がシェアした投稿 -

実走によるこんな荒い動画↓を撮影して...、





この荒い動画から、タコメーター&空燃比計のLEDを約500rpm毎に読み取って、excelでグラフ化↓したんよ。



数字はけたたましく表示されるけど、LEDはそんなに変わらないので傾向は把握しやすいかもしれんな。
ちな、上記の動画&グラフは、似非ラムエアにフィルター&ガムテープを装着して、ジェットも小さめのモノ。街乗りもなんとなくこなせてるから悪くないとは思てたけど、結構良い成績だと思われ。
で、フィルターを外した3ケースの結果をグラフ化したらばこんな感じ↓



グラフ的にはcase3が最も優れてる感じだけど、全開時ではフケ上がりがやや遅かった気がする(濃い!?)ので、case3をベースに薄くしてみるコトにしようかな。
特にメインが濃いような感じなのかな?
5000回転でズバッと薄くなってるけど、コレは走行風の影響とサンダージェットの吹き始めのタイミングなのかな?って感じ

そんなこんなで、今週末をドキドキで待つとするわぃね。

20170424

厄除けツーリング

ワシは無神論者でも無けりゃ、無宗教ってワケでも無いのですけど、あまり宗教的な風習なんかには興味を持って無いのですけど、中部地方に住む古くからの同級生がわざわざ薬王寺まで前厄払いがてらツーリングに来るというので、ノっかってみたん。

で、事前にインカムという文明の利器が送られてきていたので、ツーリング前にヘルメットに装着。

詳しい仕組みはサッパリなんだけど、コレがあればツーリング中にハンドサインや路肩に停車するまでもなく意思の疎通が図れるという優れもの。
動作確認がてら、出発前にiPhoneからBluetooth経由でYouTubeを聞いてみたんだけど、超イイなコレ。

でも、こんなので音楽や深夜ラジオ聞きながらバイク走らせてたら、ただでさえ排気音が五月蠅いバイクなのに、パトカーや白バイのサイレンに気づけなくて、大事に発展しそうな気すらするわ。

そんなこんなでツーリング当日。
待ち合わせ場所に着くと颯爽と友人着。

ちなみに、友人が乗ってるのは、時代を変えたと言っても過言ではないZZ-R1100(D型)。
オーナー曰く思い入れもなく、ワシが背中を押したせいで購入したらしいんだけれども、15年くらい乗ってるんだから、満足してんだろう...、と思いたい(背中を押した責任感)。

300km/h出るバイクは、朝も早から中部地方から飛ばしてきても疲れ知らずらしく、早速目的地へ...




で、帰りにいつものお好み焼き。



そいでもって、スーパーで大野海苔買って中部地方まで帰っていきました=3


彼の疲労具合は知る由もないけど、バビューンと走っれるバイクってやっぱ良いなぁ、などと思ったりした1日でした。