20180405

年度明け

どうーにかこーにか年度も明けた満恋次郎です。
2月3月と、アンダーカウルのカラーリング案も練らずにひたすら仕事に明け暮れてたワシなので、特に記すべきオナニッ記は無いんだけれども、生存確認的に書いてみる。

昨年度末は、近年稀に見る繁忙...、いや、繁忙というよりは繁暴という漢字がシックリくるレベルでして、気を紛らわすためにYouTubeで椎名林檎を聞いてムラムラしたり、気まぐれオレンジロード的なエロさを感じさせるバービーボーイズ聞いたり、上司が藤井六段の影響で将棋アプリを楽しんだのを見て、将棋に勤しんだりしてたん。

てか、将棋て久々にヤったら、超ムズなのね。
「将皇」ってアプリの「勝ち切れ将棋」ってのを主にヤってるんだけども、「入門/Lv0/Lv1/Lv2/Lv3/Lv4/Lv5」って難易度があるんだけど、Lv1でもなかなか勝てない時があんの。

そんな時は、たいがい飛車とか角を大事にし過ぎてるんだけども、やっぱりナニかを得るために大きな代償を払うのって大事なんだなぁ....、なんて思ったりしてる次第(意味深)。

何はともあれ、繁暴期を乗り越えたので、VDAやWestDrag、オフラインの状況ををWeb上で見て地団太を踏んでた日々にサヨウナラ。5月末のVDA Rd.2参戦の意を得た(主に家庭内)ので、ソレに向けてボチボチ動きだす予定...、って言うても特にするコトぁ無いんだけどね。

とりあえず、今週末のCSSC-OPENが開催される「MCFAJ2018年度クラブマンロードレース」のに胸をゾワゾワさせながらClubman誌をワクワクしながら熟読するコトにしまする。


満恋次郎さん(@xl1200ss)がシェアした投稿 -

20180219

満恋inTheCowl_#06

ちょっと間があいてしもぅたけど、アンダーカウルのお話。


実は、GoodSpeedさんから、少し前に完成の報を受けてたんだけども、ようやく実物を目の当たりにしてきたん。




良いよ!! 良いよ!!
超良いよ!!!
手前味噌になるけども、スゲー良いッ!!!!
写真じゃこの良さが全然伝わらんのが歯痒い!!!!
↑の写真の50倍はカッケーっ!!!!!

ワシのバイクは、ゆわゆるチョッパー的な引き算のバイクじゃなく、アレを付けて、コレを付けて、ナニが付かないからココ削って...、みたいな積み重ねの上になりたってて、その一層一層がその場の思い付みたいなトコあるから、「んー、バランスがなー...。」ってトコもあったんだけども、アンダーカウル装着にまとまり感が出来た気がする(臭いモノに蓋的かもやけど。)。
も1つ言わせてもらうならば、アンダーカウルが擦れるのを嫌って、車高をちょっと上げたせいか、シュッとした感も出た気もしてるん。

そんなアンダーカウル装着時の左側はコチラ↓。



うん、ハーレー特有のプライマリーとサイドスタンドを避けるがために、カウルをFRPのお粉と化したため、ほぼほぼ残ってない。
オイルクーラーとプライマリーの間にチョコっと残ってるくらいだけど、コレはコレで良い。
むしろ、よく残ったと賞賛されるレベル。

そして、特筆すべきは↓


アンダーカウルをタイト&スキニーに装着したもんで、エンジン&プライマリーオイルのドレンへのアクセスが困難になったため、エンジンオイルのドレンホースの差し込み口を変更するとともに、プライマリーオイルドレンをホース方式にして添付画像のようにとりまとめて貰ったん。
レーシーでカッコいいっしょ!?!?

部品1個でこんなにテンション上がったのって近年無かった気がする。
ずっと付けたいと思てた部品だから余計そう思うんかもしれんなぁ...。


というコトで、装着したものの、ちょい走りして擦るようなら意味無いので、試走がてら走ってみたんだけども....、


うん、車高も上げたし、全然大丈夫。

後は....、そのカラーリングに頭を悩ませるのみだ。

20180131

雑誌の話

紙媒体離れが進む昨今、ワシもその時代の流れに乗るように定期的に買う雑誌は無くなった。

元々は雑誌とか大好きだから、スポーツスターに乗る前から、ライフスタイルマガジンVをやストリートカルチャーバイクSB誌、スポーツスターに乗ってからはHB誌なんかも購読してたし、ムック本的なのは必ず購入してた。

が、便利なインターネッツのせいなのか、何なのかは分からんけど、購入せんくなってきた折、車雑誌の編集長やってるリカちゃんのママが「恋愛や仕事、その他なんでも人の気持ちには慣性がつく。その慣性を止めるキッカケを作っちゃダメなのヨ。」って言うてた。

あ、漫画(首都高SPL-銀灰のSPEEDSTER-)の話ですけどね。

しかし、さすが楠みちはる先生!!!

絶妙な表現。確かにその通り。

ワシが定期購読を辞めるに至ったキッカケがナニだったか、今となっては定かではないですけど、そんな今でも、気になった雑誌は買うようにしてるワケで、今月は困った。
本屋行ったら、こんな雑誌が並んでんだもん....。


左は、みんな大好きRACERSの最新号で、年に一度のオフロード枠(らしい)というコトで、スズキのモトクロッサー特集。
今後DR250をカスタムする上で、非常に貴重な資料になるコト間違いナシ。

右は、言うまでもなくHotBikeの最新号で、2017HRCS特集号....。
パラパラと見てみたトコロ、巻末に「BORN TO BE RACING」と銘打たれたHot-DockがてがけたXR750特集が...。

悩む...、悩む...、悩まし過ぎる......。

が、HRCS出典バイクやXR750を見てもワシのバイクの参考になはならない気がしたので、RACERSを購入....、

   ......
   .....
   ....
   ...
   ..
   .
   .
   .



...、したのだけれども、至極のXR750特大写真を手元に置いて、好きな時に見たいと欲求に負け、翌日HotBikeも購入してしまったというお話でした。



というか、RACERS買った上に、HotBike買うキッカケになったのもRACER。
ワシゃどんだけレーサーワナビーだって話やな。

20180129

満恋inTheCowl_#05

見た目オンリーとカミングアウトしたものの、見た目っちゃぁ一番難しい。

当初思い描いてたのは、ROAR RIDER的(!?)な黒地に部品メーカーの白抜きステッカーを斜めに貼付する感じ。


ただ、便利なインターネッツを駆使して、色んな画像を見てたら、古いレーサーとかはソレモチーフの草(?)レーサーは、、普通のメーカーステッカーを無造作にペタペタと貼付してたりするんだけど、そーゆーのも趣があるよなぁ...、


前者よりも後者の方がより高いセンスと深い思い込みが必要だと思うけど、ワシゃそういったセンスをあまり持ち合わせてないし...。


というか、ワシのバイクってば他車種流用部品が多過ぎて、部品の出所をステッカーとして貼るなら、HONDA、SUZUKI、YAMAHA、DUCATI、BUELL......、車社会のルールを比較的軽んじたカスタムをしてる故に、まるで「4WDのメルセデス・アルト(RX-7)」のようなオーラを纏ってしまうやもしれん...。


まぁ、また時間のある時に、画像加工で遊んでるとしようわぃね。

20180127

満恋inTheCowl_#04

なんとなく装着の途にあるアンダーカウルなんだけれども、不器用なワシがドタバタしているのを知ってか知らずか、作業当日にはGoodSpeedさんに何人かの来訪がありますた。


そんな来訪者から受けたアドバイスとしては...、

・口の悪い某
なんか...、レーサーに憧れるヤンキーみたいなバイクになってきましたね。

・ハイパフォーマンス系カスタム、サーキット走行に精通する某
アンダーカウルは舟になっとかなダメ。穴が空いとったらアンダーカウルの意味ないよ。

某T氏には「レーサーワナビーじゃない!!レーサーだ!!!」って反論したいトコなんだけども、某Y氏の正論にグゥの音も出ない。
別に同時に居合わせたワケじゃないのに、口裏を合わせたかのうように、ワシの逃げ道を塞ぐ指摘...、良い友達を持ったモンだ...、コレで心おきなく言えるよ....、




ワシのアンダーカウルは見た目オンリー!!
オイル漏れには屁のツッパリにもならん!!
色んなステッカーを貼りたかったんや!!!!!







ふぅ...、スッキリした。